あらすじ
長いデュースを経て音駒が勝利した。守りの音駒。しかし、その名に反して音駒は周りの想像以上に好戦的な面を持っている。
試合後、研磨は山本に根性見せたと健闘を称えるが研磨はそれを否定し、ムキになった研磨は仲間の為に頑張ったらおかしいのかと妙な切れ方をするがかえって山本を感涙させる。
研磨は未だ試合中の烏野の方をじっとみつめる。正確には研磨が唯一バレーで対戦したいと思う相手、日向の方を。
おい烏野
来たぞ
音駒(おれたち)は来たぞ
2セット目に入った稲荷崎と烏野の試合。2セット目は稲荷崎が圧倒的に有利。しかも、宮侑は西谷がジャンフロのレシーブだけが苦手な事に気づき西谷を集中的に狙っていた。
***
自分が仲間の為に頑張ったらおかしいのかと怒る研磨。これ絶対何年経っても音駒の面々に話の種にされるし後々自分で言動思い返して恥ずかしくなるパターンだ(笑)でもこの青臭さが青春っぽくていい。こんな青春送った事ないけど。

一方烏野は苦戦中。一番守備が上手い選手が狙われて点を取られるって士気下がっちゃいそう。西谷ならなんとか対応してくれると願います。