あらすじ
来た
全国大会で初の変人速攻が決まり、観客も一瞬静まり返る。その後見た事のない速攻に沸く観客席。もうじき試合の始まる音駒もその歓声を聞いていた。
しかし、椿原との点差はまだひっくり返せない。
ここで日向との速攻と日向の囮の可能性を意識した椿原の隙を突いて影山がツーアタックを決める。
影山のサーブを椿原が拾い、烏野はポジション的に影山のトスは難しい状況だった。だが、影山は瞬時に移動しトスを回し得点へとつなげる。その様子を見て武田は
彼はあれ程の
技術・センス
そして熱意を
持ちながら
あるいは
熱意のせいか
これまで
大きく目立ってはこなかった
でも
世界が
影山くんを見つけますよ……!
と影山が注目されていると語る。
そんな影山、そして日向を以前ユース合宿で共に練習した宮侑が見つめるのだった。
***
今まで実力と才能はあれぞ、無名だった影山。しかし、白鳥沢に勝利した事で未来の日本代表を育成するユース 合宿に選ばれ今回は全国大会でその名を轟かせようとしています。日向も成長していっていますが、知名度的には影山には劣ります。こういう影山との差をバネに成長していった暁には日向ももっと注目されるんでしょうか?
そして影山に注目が集まる中、日向を警戒する宮。彼とは今後対戦するんでしょうね。