あらすじ
相手がどこから誰で攻撃してくるか予測してそれをブロックした月島。そんな中、日向は烏飼に呼ばれる。
初めは強豪相手に烏野敗戦ムードだった観客の方でも烏野の選手のレベルの高さが評価されはじめてきた。だが、未だ試合で活躍していない田中は元気枠とどこか下に見られていた。
月島の力を限界まで引き出すトスで点を獲得した烏野。月島は上手くいったものの面白くない様子で影山も眼を飛ばされたからとりあえず眼を飛ばした。
日向が前衛に回ってきた。周囲からはブロックが薄くなったと思われている空気だが、日向は1人ほくそ笑む。
先程烏飼から言われた言葉。
お前にならできる
双子の片方お前に任すぞ
***
スパイカーが自分が思っている最大限よりも高い位置のトス。及川がやっていたトスですね。影山のトスの精密さに及川のようなスパイカーの力を引き出す能力が加わればホントすごいことになりそう。
観客からも烏野すげー的な空気が流れてる中、田中だけがちょっと見下されている感じ。こういう観客の空気って外部が思っている以上に選手に伝わっちゃったりするんでしょうか? 笑う観客に対して暗いオーラ発してる叶歌がちょっと怖い(笑)