あらすじ
本家変人速攻が破られた。烏飼は日向・影山に熱くなってはダメだとアドバイスする。
宮兄弟はミスはあったがどんどん攻めていく。その姿はまさに「最強の挑戦者」と呼ばれるにふさわしい。稲荷崎に注目が集まる中、全日本代表の監督・雲雀田が日向に付いてこう語る。
あの速攻に関して言えば
日向翔陽にとって侑は
自分に球(ボール)を届けてくれる選手が他にも居るという証明
唯一無二じゃないって事は
彼には吉報なのじゃないかな
日向が本当にそう思っているかは定かではないが、少なくとも日向の表情からは凹んでいる様子は一切見られない。
宮侑は影山のトスが日向に来ることを読んでブロックするが、日向は僅かな時間で宮侑の隙間にスパイクを決める。
宮兄弟の速攻を止めたのは月島。変人速攻に慣れておりそして変人速攻を嫌う月島。
コレ
止めてみたかったんですよね
***
そういえば日向と影山の変人速攻を初めて受けたのは月島でしたね。確か。そんな月島だからこそいち早く宮兄弟の速攻に慣れることができたのは納得。
変人速攻が真似されてやばいって思ってたんですけど全日本の監督の語りには目から鱗でした。つまり影山以外のセッターでも日向を活かせる可能性があり、日向がもっと大きな舞台に立てる可能性があるという見方もできるんですね。