あらすじ
影山のミス。直前に日向が練習に参加できなかった事もあって序盤は椿原に攻められる。影山の不調を見抜いた椿原の寺泊が煽るが、日向は真っ直ぐ
「なんで?
 速攻やるよ?」
と返す。その言葉に逆に煽られた寺泊は点を取られる。しかし、依然椿原の優勢。流れを変える為に山口をピンチサーバーとして迎える。
山口は事前に緊張をほぐす為のリセットの視点を教わる。この大会でのリセットの視点は非常口。落ち着いてサーブすることができた。直接の得点にはならなかったがブロックが成功し烏野の得点になる。
続いて山口のサーブが得点になり、烏飼は山口の成長を実感する。3点目とはいかなかったが椿原との得点の差はあと一歩。だが、そこから点差は埋まらない。
山口と日向が交代して、試合の中で開城に適応してきた影山が日向の位置にぴたりと合わせたトス。ようやく速攻が決まった。
***
影山の珍しい不調。ここは経験不足故ですね。椿原は烏野よりも全国大会出場経験は少ないですが今の世代で全国大会2度出場だけあって会場にも適応しています(ただ椿原は初戦敗退っぽい?)
得点を取られても周囲の声にも動じず感覚を今の会場に合わせる影山の集中力と適応力はさすが。そして影山がすぐに適応できることを疑わない日向の態度に2人の信頼感が伺えました。