煽り文
歩み続けろ。ボロボロになっても。
あらすじ
突きつけられるオールマイトの死の未来。ショックを受ける緑谷。
さらにオールマイトは緑谷を後継者に決めた件でナイトアイから猛反対にあい、ナイトアイは後継者としてミリオを育て両者の溝はますます深まった。
オールマイトの死はナイトアイの予知によれば今年か来年。いずれにしても遠くない未来だった。オールマイトに生きててほしいと懇願する緑谷に対してかつてはその予知を受け入れてゴールまで走り続けようと考えていた事、しかし緑谷と出会い、更に緑谷の母に生きてと言われた事で自らの運命に足掻くことを決めた。緑谷はオールマイトと共に彼の運命を捻じ曲げると誓う。
一方、救世主不在の世間は荒れていた。個性を使って喧嘩をする者達をねじれと麗日と蛙吹が鎮静させる。そんな3人にドラグーンヒーロー・リューキュウはある案件でも活躍できると太鼓判を押す。その案件とは死穢八斎會の調査と包囲。敵連合とも繋がる大仕事だった。
***
あんまり読解力や語彙力がある方ではありませんが、「現実として去来する」「事態はじわじわと膨張していた」は違和感ある表現だと思いました。「現実としてのしかかる」「事態は刻々と深刻化していた」とかじゃダメだったのでしょうか? いや、この表現も正しい表現かは分かりませんが。漫画家は原作と作画に別れてない場合台詞も1から考えないといけないので適切な台詞回し考えるの大変だなって思います。

ドラグーンヒーローリューキュウは名前からして琉球が元ネタでしょうか? 衣装とかはなんとなく中華っぽいけど。