あらすじ
1年のヒーローインターンについては反対意見も多かったが、強いヒーローを育てる為にもやるべきだと判断し、ヒーローインターンの受け入れ実績のある事務所に限り許可すると言う結論になった。
緑谷はナイトアイを紹介してほしいとオールマイトに頼むがオールマイトはそれを断る。
理由としてはオールマイトは1年のヒーローインターンは今じゃなくていいと言う考えであること、緑谷のシュートスタイルが強化してから行った方が良いと、そしてオールマイトがナイトアイと気まずい関係だから。
結局オールマイトからの紹介は断られたが、オールマイトは代わりにナイトアイの事務所でインターンをしているミリオを緑谷と合わせ、ミリオからナイトアイに紹介してもらおうとする。
ミリオはオールマイトと緑谷の頼みを聞き入れ、ナイトアイに緑谷を紹介する。
週末、ナイトアイの事務所を訪れる緑谷とミリオ。緑谷はミリオに、ナイトアイはユーモアを大事にしているのでナイトアイを必ず1回笑わせろとアドバイスを受ける。
事務所に入った緑谷が見たものはユーモアが足りないバブルガールを無理矢理笑わせているナイトアイの姿だった。
門前払いを食らわないために緑谷は得意のオールマイトの物まねを披露するが、かえってナイトアイを怒らせてしまう。
***
ヒーローインターンがないかもしれないと聞いてただ1人喜ぶ爆豪。安定のみみっちさ(笑)爆豪の実習先のヒーローのベストジーニストは長期休業なので仮免取得できてもコネがないからインターンできないんでしょうか? 轟はエンデヴァーが喜んでインターンに受け入れてくれそうだけど。
ナイトアイは堅物そうな外見とは裏腹にユーモアを大事にしている。でも、ミスしたわけでもなくただ堅い報告をするサイドキックに変な装置で笑わせるのはなんだかパワハラっぽいぞ(笑)