青春兵器ナンバーワン
あらすじ
狙撃のショックで気絶していた零一が目を覚ました。
「起きたかクソ野郎…」
英二の辛辣な言葉を全く気にも留めない。そうこう話しているうちに部屋に同級生が戻って来て恋バナが始まった。
英二は同級生から気になる相手はいないのかと尋ねられて
(任務的な意味で)「それはもちろん七倉委員長だが」
と答える。これを恋愛的な意味でとらえた同級生は肝試しイベントで英二と七倉をペアにする計らいをする。ちなみに零一は驚かせ役として参加。
肝試しの過程で英二は七倉の父親が世界的な発明家であること、世界がある組織に狙われていること、組織が七倉父の研究を狙っていることを聞かされる。七倉を護衛する理由が分かり、記憶が消されないか慌てる英二。
そんな2人の背後に首を切り離した零一が現れる。零一の頭は着脱可能だが30分離れたままだと半径2㎞を巻き込んで自爆する仕様だった。不幸な事に頭を求めて歩き出した身体が崖の下に落ちてしまった。
身体を取り戻すために英二は零一の頭を持って崖を下る。そこには零一の身体を銜えた熊がいた。英二は熊と戦い零一の身体を取り戻す。
朝になっても帰ってこなかった理由を尋ねられた時英二は馬鹿正直に熊と戦っていたと言い、あだ名が「熊殺し」になった。
***
零一襲来の影響で完全武装をしていたアンドリュー。しかし、零一と英二が帰ってこなかったとき「まさかナンバーズ?」と言ってたので自分を気絶させた相手がナンバーズとは思わなかったのかな?
さらっと委員長が狙われるわけと英二が捨て子だというのが明かされました。ナンバーズは名前に数字が入っている……英二……英二ナンバーズ説?