ヒロアカ1巻
あらすじ
轟と夜嵐の合わせ技で炎の渦に飲まれたギャングオルガ。両者の小競り合いは大きなマイナスになったものの、連携はプロヒーローも評価する程のものだった。
蛙吹は新技保護色を使い、敵の眼をかいくぐって攻撃する。
一方轟と夜嵐の連携技もギャングオルガに大きなダメージを与えたものの倒すほどには至らず緑谷の奇襲がヒットしたところで試験は終了。
緑谷は仮免に合格。ヒーローの資格をひとまず手に入れる。対して夜嵐は試験に落ちた。そして轟は……。
***
今回で試験終了。ギャングオルガをあと一歩まで追い詰めたものの届かず。実はギャングオルガとサイドキックは拘束用プロテクターを着用していて手加減していた状態。本気だったら負けなかったんでしょうかね?
試験結果は緑谷は合格で夜嵐は不合格。救助面でおどおどする箇所はあったものの敵退治で評価された緑谷と個人的感情を暴走させた夜嵐がこういう結果になるのは妥当なところですね。
轟の合否は次回待ち。救助に向かない個性故敵退治に焦点を置いていましたが肝心の敵退治で味方と争う失態を犯した轟の結果はどうなるんでしょうか?