ジャンプマークヒロアカ1巻
あらすじ
二次試験の内容は『バイスタンダー』所謂被災現場に居合わせた場合の救助演習だ。試験官は要救助のプロ『ヘルス・アス・カンパニー』が行う。
二次試験までの休憩時間の間に士傑高校の生徒が肉倉の事で爆豪に謝罪。その際轟は自分に敵意を向ける夜嵐に「俺なんかしたか?」と問いかけるが、夜嵐は「俺はあんたらが嫌いだ」とエンデヴァーの息子である轟に冷たく言い返す。
採点基準が分からぬまま二次試験が始まる。1年の雄英はすでに授業などで救助の経験を積んでる他校に後れを取る。だが、緑谷はそれでも今やれることをやろうと精一杯笑う。
***
どうも夜嵐はエンデヴァーとなにかあったみたいですね。それでエンデヴァーと似た目をしている轟に冷たいと。うーん。親の所為で子供が迷惑をこうむるってのは現実でもあるけどやっぱりつらいですね。私轟好きなので。それにしてもなにしたんだあの親父は……。まさか本来夜嵐が取れた推薦を妨害で轟が選ばれたように仕組んだとか? でもそれじゃ雄英が不正に加担したことになりますし、ヒーローであるエンデヴァーがそんなことしたらもう株暴落どころじゃありませんよね。
お茶子はデクへの恋心を自覚しますが、ヒーローを目指す身として恋にうつつを抜かしている場合ではないとそれをしまい込む決意をします。お茶子の恋は尊敬やああいう風になりたいって想いからきているみたいですね。いじらしい。