特別国家公務員改造者対策課 田中誠二  作者:天塚啓二

ジャンプマーク
あらすじ
アメリカ大統領が演説中に殺害される事件が起きた。事件の首謀者は犯罪集団『フリーマンズ』は人体を改造する技術で大統領を殺害した。事件は報道規制されたが瞬く間に世界に広がり肉体を改造した改造者による事件が相次ぐ。改造者に対抗すべく各国は対策組織を作り出した。
改造者に追われている少女。警察にも見放された少女を救ったのはメガネをかけた男性だった。彼は特別国家公務員改造者対策課の田中誠二で名刺を投げるだけで改造者を撃退してしまった。
少女――雨宮碧音(あまみやあおい)は手がグランドピアノに変更した事で改造者として事情聴取を受ける。雨宮は3か月前に事故で大怪我を負っていてその治療のために改造手術を受けたのだと言う。だがそれは万物を作り出す改造者――神の手を生み出すための実験体にする罠で、雨宮に実験を施したのはフリーマンズの者で雨宮はその能力で逃げ出して追っ手もまたフリーマンズだった。

落ち込む雨宮に田中はピアノが全く弾けないのでピアノを教えてほしいと頼む。その言葉に元気を取り戻した雨宮は了承する。だが、そこへフリーマンズが雨宮を狙って襲撃する。
雨宮を追ってきたフリーマンズと戦う田中。田中は最高難易度の改造手術を受けた改造者だった。
田中が追っ手を倒したことと対策課の制御装置によって日常に戻れた雨宮。田中は今日も仕事に精を出す。