ジャンプマーク

***
個人的評価
画力★★★☆☆
そこまで魅了される程上手い・好みの絵って訳じゃありませんが、読み飛ばしたくなるような下手さでもなかったので。
主人公・ヒロインの魅力★★☆☆☆
ジャンプ漫画で公務員が主人公(ちなみにこの号のジャンプはこち亀最終回)ってのは珍しく武器もハンコや名刺っていうのは面白かったんですが、それ以外あんまり印象に残らず、ヒロインも助けられるだけで魅力はあまり感じませんでした。実はこの漫画ジャンプNEXTで掲載された『警備会社セプトスリー社長 田中誠司』の設定を少し変えた作品なんですが、そっちの方が主人公の一度契約した顧客には最後まで尽くすという点がしっかり描かれて良かったです。
敵キャラの魅力★☆☆☆☆
まず冒頭のモブの(笑)とかのネット用語がしつこすぎて、それだけで読む気力がそがれました。全体的にキャラで魅せると言うより言葉でインパクトを付けようとしてマイナスになっているという感想。
総評★★☆☆☆
NEXTで掲載されたバージョンの方が主人公の魅力も出て、ストーリーも一度敵の圧力によりヒロインが絶望するも田中はその圧力に屈することなくお客様を守ろうとする。そして最後は会社もヒロインも無事という中盤の盛り上がりもラストの爽やかな後味も良かったんですが、このバージョンだとNEXTで良かった部分がイマイチ出ておらず悪役の癖の強さを除いたらホント語る事のない作品になってしまったのがホント残念でした。NEXT版の面白さを知ってるだけあって本誌の読み切りはどうしても劣化していると感じてその分マイナスな感想に。