ジャンプマーク
あらすじ
以前天使ヶ原をアイドルにスカウトしたフルーレティが天使ヶ原にあるゲームを渡す。それは今悪魔の中で流行っているオンラインゲーム『テンシガワラ・オンライン(略してT・O)』
明らかに天使ヶ原をモチーフにしたオンラインゲームを渋々プレイする天使ヶ原。ゲームでは主人公はテンシガワラになり(無論キャラのビジュアルは天使ヶ原そのもの)ゲームの世界で善行を積むという内容だった。
そんなゲームが面白くない左門はゲーム内で下種行為をし続けてゲスガハラに進化した。
そんな左門を無視してプレイしようとする天使ヶ原だったが、アンリがコンピューターウイルスに感染した事により他のプレイヤーから忌避されたことで暴走しラスボスのような形態に変化してしまった。これによりゲームの世界がおかしくなり、左門は喜ぶ。
アンリの暴走を身を挺して止める天使ヶ原が大天使テンシガワラに進化し事態は終息した。
後日、悪魔の中でこの事件はネットを騒がせ、事件の影響でゲームはサービス停止になるが続編が発表された。
***
てっしーオンラインゲームをやるの巻。悪魔なのに徳を積むゲームが流行するっていうのがなんだかシュール(笑)
左門がゲーム内で暴れるのをてっしーが止めるのかと思いきや、アンリが暴走しててっしーが止める展開になるのが意外でした。今回はあんまり左門活躍してませんね。でもオチ要因にはなったか。