レガシィ  原作:平野友秀  作画:依田瑞稀

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af

***

個人的評価
画力 ★★★☆☆
所々素人目ですが体のバランスがおかしいかな? という点はありましたが、全体的に新人ながら画力や画風は完成されていて読みやすかったです。少年誌にしてはややグロイ印象を受けたからそこら辺は好みが別れるかな?
主人公・ヒロインの魅力★★☆☆☆
主人公の夏目防人は武骨で常識がないけど正義感が強くて無償で事件を解決するために奮闘する熱い男。ヒロインの冬月叶多は親友の死と喧嘩別れの為に中盤まで暗い雰囲気ですが最後は笑顔を取り戻す少女です。
よくあるタイプの主人公・読み切りヒロインと言ったらそれまでなんですが、主人公が傍から見たら結構変人なのにそれをあっさりスルーして普通に話しかける冬月にはちょっと夏目にとって都合よく動くというかなんか違和感ありました。普通高校生で猫と猫語で話す男いたら引くよ…。
あと気になったのは夏目が犯人をフルボッコにするというシーン。フルボッコって元々はネットスラングでネットではよく見かけるけど普通の人はあまり使う言葉ではないので(私が知らないだけで実は広まってる?)夏目がフルボッコって使うのは違和感ありました。
敵キャラの魅力★☆☆☆☆
行動・台詞回し・豹変の仕方。どれをとってもよく見る漫画の狂人キャラという印象でまたこの手のパターンかと思いました。この手の狂人ってわりと漫画だとワンパターンなんですよね。映画やドラマだともっと色んな狂人が出てくるから作者さんには実写の作品に触れてキャラ造形にバリエーションを広げてほしいと思いました。
レガシィの設定★★☆☆☆
ビジュアルは中々良いんですが、台詞が一切ないので舞台装置感しかなくて勿体ないかもって思いました。どうせなら閻魔が喋るようになって夏目の変人行動に閻魔がツッコミを入れたりしたら面白かったかも? ただ読み切りなので蛇足になってしまうかもしれないので喋らない方が良かったと言われればそうかも。
ストーリー★★★☆☆
全体的に真新しさはありませんが、分かりやすくて1つの作品の完成度は中々だったと思います。もし連載になるならキャラ同士のかけあいやバトルシーンのバリエーションを増やして演出に幅を広げないと飽きられちゃうと思います。