左門くんはサモナー

あらすじ

左門くんにほのかな恋心を寄せる加護小鳥。調理実習で作った卵焼きを左門に手渡そうとするがたまたま九頭龍が弁当に卵焼きを入れており、その圧倒的な輝きを見た加護は退散してしまう。屋上で落ち込む加護、そこに卵焼きの匂いを嗅ぎつけたアンリが現れアンリに卵焼きは想い人に渡す為だと見抜かれる。
そこからアンリの斜め上の恋バナを聞かされる加護だが、アンリから自分と左門は恋人同士だと言う宣言に加護は初めから勝ち目がない恋だとますます落ち込む。
左門とアンリが付き合っているという話は左門の口から否定されたが、加護は左門と天使ヶ原が付き合っているのではないかと勘ぐる。そんな加護に九頭龍は左門と天使ヶ原は付き合っていない、2人がどういう着地をするにせよ加護が黙って見ていることはないと言う。九頭龍の後押しもあり、加護は左門へのアタックをする事を決める。
***
今回はラブコメ回で加護メインの回でした。アンリの話は過去の話を読めばどういう訳か分かりますが、読者ではない加護はアンリの話でしか状況をイメージすることができないのでアンリの言動に翻弄されている加護が面白かったです。