クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦  監督・脚本:原恵一

ブタのヒヅメ
『このおバカ、恐るべし』
あらすじ
国連直属の秘密組織SML(Seigino Mikata Love:正義の 味方 LOVE)の一員、コードネーム・お色気は、秘密結社ブタのヒヅメの飛行船から、ある秘密兵器を動かすために必要なディスクを盗み出し、東京湾へと脱出した。
一方、お台場沿岸を航行中の屋形船では、ふたば幼稚園の先生と園児達が大宴会で賑やかに騒いでいた。するとその場に突然、海からお色気が上がりこんでくる。困惑する一同をよそに、さらに巨大な飛行船が現れ屋形船をわしづかみにする。先生や園児達は釣り上げられた屋形船から脱出するが、トイレに入っていたしんのすけとそれを待っていた風間ら5人の園児、同じくトイレにいたお色気達が残されたまま、屋形船ごとさらわれてしまう。
ニュースでこのことを知ったみさえとひろしはしんのすけが行方不明と知り絶望する。だが、そこに「SML」の一員でコードネーム・筋肉と名乗る大男が現れ、しんのすけたちは生きていると告げ、みさえたちに今の状況を説明する。筋肉は事件は「SML」が解決すると告げたが、しんのすけを一刻も早く助けたいみさえたちは同行したいと言うが、筋肉に却下され、2人は引き下がる。だが、みさえは筋肉に罠をかけ、野原一家を同行させるという誓約書にサインをさせる。けれど、誓約書は反故され、結局みさえたちは取り残されてしまう。
しかし、みさえは、筋肉の持っていた資料で目にした「Hong Kong」の字から香港に手がかりがあると推測。早速支度をし始め、翌日野原一家はシロを残し香港へ発った。その頃、屋形船ごとさらわれたしんのすけ達とお色気は「ブタのヒヅメ」の飛行船に捕らわれていた。屋形船をさらっていった飛行船はお色気を追ってきた「ブタのヒヅメ」の飛行船であった。やがて「ブタのヒヅメ」の三人の幹部、バレル・ブレード・ママとリーダーのマウスが現れてお色気にディスクを返せと迫るが、お色気はこれを拒否。お色気としんのすけたちは「ブタのヒヅメ」の本部へ連れて行かれることとなる。
香港に着いたみさえたちはしんのすけを探すが、手がかりは一つもなく途方に暮れる。そんな時、筋肉と再会。二人の同行を認めない筋肉だったが、ひろしの強い意志に押されて同行を許す。こうしてひろしとみさえは筋肉と共にしんのすけ達とお色気を救出しに向かうこととなる。
飛行船が本部へ向かう途中、お色気としんのすけ達は独房から脱走。お色気はしんのすけ達を飛行船から逃がすことに成功するも自身は囚われの身となってしまう。そして、しんのすけ達を助けに来たみさえとひろし・筋肉は乗っていた飛行機を「ブタのヒヅメ」の飛行船の攻撃により、地上に不時着。3人は徒歩で飛行船の目的地である「ブタのヒヅメ」本部へ向かう。一方、脱出に成功したしんのすけ達は、とりあえず人のいる場所を目指して歩き出したが、その歩みは「ブタのヒヅメ」本部へ向かっていたのであった。(ウィキペディアより)
***
『クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦』の紹介です。
悪の秘密結社ブタのヒヅメと秘密組織SMLの戦いに巻き込まれた春日部防衛隊のお話で、リアリティある肉弾戦や銃撃戦に力を入れている事でも知られています。
原恵一監督の持ち味(というか趣味?)の銃器やアクションのこだわりにしんのすけの探したいひろし・みさえと戦いに巻き込ませたくない筋肉との攻防(作画がいつもと違うのが余計にシュール)など笑えるシーン満載、そして後半の感動的な展開など、原しんちゃん映画の魅力が存分に描かれた作品で、笑いあり涙あり熱い戦闘有りの贅沢な作品で大人も子供も楽しめる作品となっています。
***
この映画の主役はぶりぶりざえもん
後半ではブタのヒヅメの目的がコンピューターウイルス「ぶりぶりざえもん」を使って世界中でサイバーテロを行う事で世界征服を企むことが判明し、マウスの手によってぶりぶりざえもんが起動します。『ヘンダーランドの大冒険』で登場した(一応)救いのヒーローのぶりぶりざえもんと違って、本作のぶりぶりざえもんは正義の心を持たないウイルスです。しかし、ウイルスだったぶりぶりざえもんがしんのすけの作った『ぶりぶりざえもんのぼうけん』を聞きながらその物語を追体験した事で正義に目覚めつつも消滅、そして最終的にはしんのすけ達を救う『救いのヒーロー』となる後半の展開は正直泣きました。まさかぶりぶりざえもんに泣かせられるとは思いませんでした。今作では筋肉が自分達もピンチなのに敵であるブタのヒヅメを助けようとしたり、正義についても描かれて、それでいて説教臭さを感じないのが今作の良い所です。
クレしん映画で感動作といえば『オトナ帝国の逆襲』『アッパレ!戦国大合戦』ですが、本作も感動作として名作なのでもっと知られてほしい作品です。