クズの本懐

クズの本懐

あらすじ
「昨日、鐘井先生と…しちゃった♡」茜の発言に打ちのめされた花火は
自分の気持ちとは裏腹に、茜への反抗心から歪んだ思考に冒されていく。
一方で、早苗とは元の友達関係に戻ろうとするが…(公式サイトより)
***
冒頭の皆川が服を脱ぐシーンはうぶな乙女には見えませんが(実際乙女じゃないし)鐘井はそんな皆川に疑問を抱かなかったのでしょうか? まぁ、盛り上がってるところだしそんなのに注意がいかなくても仕方ないか。
鐘井を取られた花火は茜への対抗心から茜に好意を抱く人達を自分のものにしたいという皆川よりの思考に目覚め、手始めに麦と正式に付き合います。一方で唯一の友達の早苗はそんな自分に巻き込みたくないと思うも早苗は花火を手放しません。
この2人の関係が泥沼でどうなるのか気になります。てか麦が空気だな(笑)最初はもっと花火と麦の関係に焦点が行くかと思いきや、麦なんだか蚊帳の外。この作品男性の心理描写が女性の心理描写と比べるとおざなりな感じがあってそれが残念。もっと男サイドも事態を引っ掻き回せばいいのに。
早苗が男を落とす方法を花火に伝授するのは個人的に違和感がありました。早苗にとって花火が初恋でそれ以前は男嫌いだから恋とは無縁と思ってたのに。なにかあったのでしょうか?
お使い帰りに皆川の教え子でセフレの寺内タクヤと再会。皆川から彼を奪おうとしますが、皆川はすでに寺内への感情は冷めていて寺内も皆川には本気じゃなさそう。なんだか迷走してるよ花火。
麦は花火が二股をかけている事に気づいていますが、むしろクズ女レーダーがうずくと興奮気味。寝取られ趣味でもあるのかな?
相変わらず真っ直ぐな想いをぶつける最可に麦は冗談交じりでデートに誘いますが、最可は了承します。やめたほうがいいよそんな男(笑)