おおきく振りかぶって  作者・ひぐちアサ  掲載紙・月刊アフタヌーン

おお振り1巻

オレがお前をホントのエースにしてやる

オレはこのチームでホントのエースになれるかもしれない――!!

 

中学時代、祖父の経営する三星学園に通っていた野球部所属の三橋廉(みはし れん)はチームメイトから贔屓でエースになっていると嫌われ続け、高校では大好きな野球を辞める為に三星学園を去り西浦高校に進学した。
だが、野球への未練野球部の見学に行った三橋。そこで女監督の百枝まりあ(ももえ まりあ)とキャッチャーの阿部隆也(あべ たかや)により試し投げをすることになった。
傍から見れば遅い球。しかし、阿部は三橋の球を受けて三橋のずば抜けたコントロール力をストレートとは違う独特の球筋に気づく。
紆余曲折を得て高校でも野球を続けることになった三橋。果たして西浦野球部は甲子園に出場する事はできるのだろうか?
おおきく振りかぶって(以下おお振り)は理論的な試合運びにスポーツ心理学を学んだ先生ならではの丁寧な心理描写とメンタルトレーニング描写が特徴の野球漫画です。

特に心理描写に関しては独特な台詞回しも相まって現実にいそうなキャラが印象的。例えば西浦野球部が初めて合宿を行った時に宿泊先の掃除は自分たちで行う事になったのですが、そこで三橋だけは1人雑巾を手に立っているだけ。
サボりたい訳じゃなくてむしろ皆と一緒に掃除がしたい。けど勝手に動いたら迷惑かけるかもしれないし、かと言って自分はどこを掃除すれば良いのかと尋ねる勇気はない。
こんな三橋の心理が(私が以前体験した出来事というのもありますが)丁寧に描かれる事によって三橋はこんな奴なんだ、あのキャラはあんな事を考えているんだと読みとれてキャラクターに感情移入して試合の時には本気で応援してしまうんです。
個人的にこの漫画で1番注目しているのは三橋と阿部の関係ですね。生来の気の弱さに加えて中学時代のトラウマから過剰なまでに卑屈で弱気な三橋と、シニアの時に投手の榛名元希(はるな もとき)と信頼関係が築けなかったことから投手不信になってしまった阿部。お世辞にもコミュニケーション能力の高いとは言えない(むしろ2人ともタイプは違えど相当なコミュ障)2人のやりとりは読んでいてハラハラします。最初は首を振る投手(キャッチャーのリードに従わない投手の事)はいらないと公言する阿部に自分は駄目だから阿部に従う歪なバッテリー関係が話が進む内に変化していき、最終的にはどうなるのか楽しみです。
ところで、おお振りは他校・試合・日常・練習・親や応援団など、どれをとっても丁寧に描かれそれが人気の理由なのですが、丁寧に描くあまり話のテンポが非常に遅いという欠点があります。おまけページを読む限り西浦野球部2年目以降の構想もあるそうですが、そこまで連載が続けられるのかという懸念があるのも事実。話のテンポが早すぎるとキャラや話に感情移入できない、描写が丁寧過ぎると話の遅さに苛立ってしまう。うーん、バランスをとるって難しい。